有害物質の規制

有害物質を分析してくれる機関の情報

有害物質の分析機関

科学

有害物質を含む製品

国ごとに製品の輸入や輸出に制限を設けています。そのため、自社の製品に関してもきちんとした品質チェックが必要になってくるのです。このチェックが行われていなければ、輸出を断られてしまう可能性も大きくなります。

有害物質の分析

有害物質はいくつもの分類があります。土壌汚染や大気汚染などの問題に応じて有害物質は変わってきているのです。またこれらの問題を起こさないために有害物質を分析している第三機関が存在しています。

分析に掛かる費用

プラスチックを柔らかくさせる効果を持つ可塑剤として、利用されるフタル酸類の有害物質の分析には費用がかかります。分析する機関によって値段が異なってきますが、数項目をセットとして分析している機関も存在しています。

分析の組み合わせ

数項目をセットで分析する場合には、組み合わせを選ぶことが可能です。また組み合わせによって値段が変わることもないとされているのでお得に分析することができるでしょう。分析に出すのであればこのような機関に依頼するといいでしょう。

安全な製品つくり

分析を出すことによって、自社で扱う製品がどれだけ安全なものか調べることができます。消費者に満足してもらうため、環境保全のためにもしっかりと分析を行ない安全な製品つくりを目指していきましょう。

ROHSで受ける損益

ROHSで指定されている特定有害物質を使用すると、EUへの輸出が行えなくなります。これを知らずに大量に製品を量産してしまうと企業としては大きな損失に繋がってしまう恐れもあるのです。規制や対策はしっかりと行なう必要があるのです。

広告募集中